第4回PXフォーラム 変革から成熟へ―Withコロナ時代のPXがもたらすもの―

PXフォーラムは、日本におけるPXの認知度向上を目的としたイベントです。第3回に続き今年もオンライン(zoom)開催とします。

 

新型コロナウイルス感染症の蔓延に伴い、病院を含む医療機関、介護施設はさまざまな変化を迫られました。徹底した感染対策を図るとともに、終わることのない闘いのなか、スタッフの心身のケアを必要と感じた一年でもありました。

昨年のフォーラムでは、EX(Employee eXperience:従業員経験価値)を深めることで、スタッフのWell-being向上に寄与できる取り組みを紹介しました。

今年は感染対策からEXに至るまで、さまざまな取り組みを行ってきた医療機関が多いと思います。
だからこそ、Withコロナ時代におけるPX(Patient eXperience:患者経験価値)の向かう先は新しい変化ではなく、深める、まさに“成熟させる”ステージへ移行を図っていくべきではないでしょうか。

この状況下において、どのように患者の体験をデザインしていくのか?

新しいスタンダードが周知されていくなかで、ディスカッションを通して患者視点、家族視点などを掛け合わせ、PXの新たな指標をともに築きましょう!!

 

開催概要

日程 2021年12月4日(土)14:00-17:00
実施形式 オンライン(Zoom)
主催 一般社団法人日本ペイシェント・エクスペリエンス研究会
参加費
  • PX研究会個人会員・法人会員:無料
  • 第1部:1,500円
  • 第2部:1,500円
  • フル参加:3,000円
参加対象者 医療従事者、ヘルスケア関連企業など
申し込み こちら

申し込み締切   2021年12月2日(木)

 

プログラム

14:00~ 開会のご挨拶
出江 紳一(東北大学大学院医工学研究科教授)
14:10~ PXとはなにか

14:25~ シンポジウム① With コロナ時代のPX
瀬尾 龍太郎(神戸市立医療センター中央市民病院 医師)
小坂 鎮太郎(板橋中央総合病院 医師)
松本 卓(広域紋別病院 診療部長)
15:00~ 休憩
15:10~

[ 参加型] 皆で考えるPX~自分の組織にPXをどう導入するか?

15:50~
    • 休憩(以降、第2部)
16:00~ シンポジウム② PXE2期生の発表
治田 茂(富士通株式会社)
熊崎 博司(相澤病院 理学療法士
大原 暖太郎(愛知県がんセンター)
半場 江利子(京都市立病院 看護師)
森 輝美(鳥取大学医学部附属病院 看護師)
16:30~ PXサーベイ導入病院の事例

西本 祐子(九州医療センター)

16:55~ 閉会のご挨拶

 

演者一覧

瀬尾 龍太郎(神戸市立医療センター中央市民病院 医師)

小坂 鎮太郎(板橋中央総合病院 医師)

松本 卓(広域紋別病院 診療部長)

青木 拓也(PX研究会世話人、東京慈恵会医科大学 総合医科学研究センター臨床疫学研究部 医師)

安藤 潔(一般社団法人日本ペイシェント・エクスペリエンス研究会理事

東海大学総合医学研究所所長 東海大学医学部血液・腫瘍内科教授 医師)

出江 紳一(一般社団法人日本ペイシェント・エクスペリエンス研究会理事、東北大学大学院医工学研究科教授 医師)

曽我 香織(一般社団法人日本ペイシェント・エクスペリエンス研究会代表理事、株式会社スーペリア代表取締役社長)

治田 茂(富士通株式会社)

熊崎 博司(相澤病院 理学療法士)

大原 暖太郎(愛知県がんセンター)

半場 江利子(京都市立病院 看護師)

森 輝美(鳥取大学医学部附属病院 看護師)

西本祐子(九州医療センター)

※プログラム内容及び演者は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

 

申し込み

こちら